国内外の不動産会社や不動産投資の情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

不動産会社や不動産投資に関するお役立ちサイト

不動産会社や不動産投資に関するお役立ちサイト TOP

不動産投資には2種類の方法があります。まず、一つは、アパートやマンションを購入して賃貸で収入を得る方法です。不動産投資といえば、この方法が一般的ではないでしょうか。

もう一つの不動産投資は、不動産を購入してその価値が上がった時点で売却をして利益を得る方法です。不動産の価値が上がるかどうか、一般の人にとって判断は難しいかも知れません。

ですから、不動産投資をする場合は、ひとまず、購入した物件を貸して月々の賃貸料を得ながら、不動産価値が上がるのを待つという方法もあります。最近では、不動産の価値が急激に上がることはなくなり、むしろ下降傾向にあるので、むやみに不動産投資をするのは控えた方がいいのではないでしょうか。

中でも注意したいのが、不動産物件の老朽化です。外見が老朽化すると、賃貸物件としての価値が下がるので、賃貸料を引き下げることになります。ですから、不動産投資を考えた場合、物件をリニューアルしたり、内装をリフォームする費用も必要になります。

現在では、物件を貸して、賃貸料を得る不動産投資の方が主流になっているようです。一般的に、株券や債券などよりも価値が安定しているので、自宅以外に不動産を所持している場合は、不動産投資を考えた方がいいでしょう。


不動産投資物件の選び方

不動産投資を考えたら、どのような物件を選んだらいいのでしょうか。特に不動産投資が初めての人は、専門家のアドバイスが必要になるでしょう。最近は、不動産を売却して利益を得るよりも、賃貸物件にした方が安定的に利益を得ることができると言われています。


そこで、賃貸物件にする不動産選びが重要になって来ます。まず、不動産選びのポイントは、物件のエリアが大切です。更に、周囲の環境が整っているか、その物件の築年数やメンテナンス、設備、内装などのインテリアも重要なポイントになります。

さらに、現在の世帯数も不動産投資に関連性があります。ひと昔前は、ファミリータイプのマンションやアパートに人気が集まっていたのですが、最近は2人暮らしか単身者の世帯が主流になっています。

ですから、ファミリータイプの3LDKよりも、2LDKや2DK又は、広めの1LDKや1DKの方が需要が高まっているようです。その他、借り手の生活環境に合わせた物件にも人気が集まっています。24時間対応のセキュリティや生活支援サービスなどは、単身者や高齢者世帯でニーズが高まっているようです。広いスペースよりも安心できるセキュリティが注目されています。

不動産投資で利益を得たい時は、投資する物件のエリアと借りる側のニーズを考えた方がいいでしょう。


不動産投資をする人とは?


不動産投資をする人はどのような人なのでしょうか。普通、不動産投資をする人は、預貯金が十分あって、生活に不自由がない人ではないかと考えてしまいますが、実は、色々な人が不動産投資に参入しているようです。

まず、普通のサラリーマンをしながら、コツコツと不動産投資をする人が増えています。ひと昔前までは、サラリーマンをしていれば、終身雇用が当たり前でしたが、現在は、いつリストラされるかわかりません。さらに、給料が下がったり、最悪の場合は勤めている会社が倒産することさえあります。このような状況下で働くサラリーマンが、不動産投資セミナーに通って、不動産投資を始めているのです。

その他に、専業主婦や失業中の人も不動産投資をしているのですから、驚いてしまいます。もちろん、大手の不動産会社も不動産投資をしますが、このように一般庶民も個人で不動産投資をしています。

投資する物件に大きな差はありますが、副業から始めて、いずれ不動産投資を本業にしたいと考えているサラリーマンも多いようです。特に、副業が認められていない場合は、不動産投資で副収入を得る方法が考えられるからではないでしょうか。


PageTop