不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリット

不動産投資には、多数のメリットがあるようにデメリットもあります。実際に不動産投資を始める前に、デメリットも認識しておいた方がいいでしょう。

まず、投資物件に空室がでたり、購入した時より、価格の相場が下がってしまったりすることです。特に賃貸物件を購入した時は、空室のデメリットをしっかり確認しておいた方がいいでしょう。立地条件の悪い投資物件を購入すると、いつまでも空室が埋まらないということになってしまいます。

もちろん、不動産会社の空室保証サービスがありますが、全額保証でない場合もあるので、結局、賃貸料を下げることになってしまいます。

新築の物件を購入した時は、ほとんど気付かないのですが、年数が経過すると、建物が老朽化してしまいます。これでは、これまで住んでいた人も新しくて使い勝手の良い物件に転居しまうでしょう。

不動産投資のネックなるのが物件の老朽化です。日頃から不動産会社に定期的な修繕計画を立ててもらうといいでしょう。さらに、低金利で物件を購入している場合、金利の変動で、支払うローン額が上昇することも考えておいた方がいいでしょう。

不動産を購入する時は、色々な名目で諸費用がかかるので、この点も考えておく必要があります。不動産の転売を考えている場合、不動産価格が低下する危険性があること理解しておいた方がいいでしょう。

PageTop