海外の不動産投資

海外の不動産投資

海外の不動産投資

海外の不動産投資を考える人も増えているようです。その理由のひとつが、リスクの分散にあります。国内の物件が軒並み資産価値を落とし始めている時に一部の諸国では、中古物件がどんどん資産価値を上げているようです。

特に成長著しい東南アジア諸国の物件は、おすすめです。中でも安定した資産価値を維持しているのがマレーシアの投資物件です。物価や治安が安定しているので、海外からの投資家がマレーシアの物件を購入しているうようです。特に新築物件は、居住用だけでなく、投資用として予約の段階で完売してしまうことがあります。

さらに、成長著しいフィリピンの物件もおすすめです。実際にフィリピンに居住するのではなく、海外の投資家が不動産物件を購入するケースが多いようです。その理由は、地価が上昇しているからです。ですから、築年数が長くなっても、投資物件としての価値が高くなります。

さらに、海外に移住したフィリピンの富裕層が家族のために、物件を購入したり、賃貸で住むこともあります。ですから、マニラなどの大都市では、賃貸物件の空室率が4パーセント程度しかありません。

海外の不動産を専門にした不動産投資会社の見学ツアーなども開催されているので、旅行がてら見学してみるのもいいでしょう。

PageTop