国内の不動産投資

国内の不動産投資

国内の不動産投資

日本は少子高齢化が進んでいるので、世帯人数が減少しています。将来は空家率がさらに高くなると言われているので、日本国内の不動産投資は大丈夫なのか心配です。

ですが、日本国内でも東京に限っては、少々状況が違っているようです。特に東京では、単身者の人口が増え続けているようです。これは、核家族が進んでいるだけではなく、地方から仕事を探して上京する人の数が増えているからです。

ですから、日本国内で東京に限っては、賃貸物件が不足しているといっても過言ではなさそうです。通勤時間を短縮したり、便利な土地に住みたいという考えから、首都圏に人口が流入しているからです。

これまで自宅から通勤していた単身者が、比較的便利な土地に住む傾向があります。東京都内の単身者が急激に増えたために、単身者用のマンションやアパートの需要が増加しているので、不動産投資を始める人も増えています。

スペースよりも安心安全なセキュリティを希望する人が多いので、ワンルームマンションやアパートに投資すれば、安定した収入をえることができるのではないでしょうか。今後も単身者の需要増えるので、特にエリアやセキュリティを考えて物件を選べば、不動産投資のリスクは少ないと言われています。

PageTop